とりとめのないブログ-Input&Output-

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新ブログ開設

2015.12.27 (Sun)
今年のはじめにホームページを作成中という記事を書きましたが、紆余曲折を経て結局またブログになってしまいました。

今回はサーバーを借りて、ドメインも取得してとややガチ度が上がっています。
最近は仕事にも大分なれ、更新できそうな感触を得たので公開します。

廻る季節と移ろう一世

今後はこちらのブログを更新していく予定です。

どうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト

粒度の荒い世界

2015.05.05 (Tue)
僕は物事を見る時の粒度が荒い。

食事で魚がでてくればそれを「魚だ」としか、茸が出てくれば「茸だ」としか認識しない。
22歳を過ぎるまで椎茸、シメジ、エリンギなどの区別が曖昧だった(名詞と対象が結びつかない)。

道ばたに生えている木は僕にとって「木」でしかない。
道路を走っている車はメーカー、車種に意識が向かずただの「車」だ。
芸能人や俳優も全然知らないし、AKB48のメンバーを見ても「あぁ、AKBの人ね」以上はない。

眼鏡を外した視界の様に、対象をクッキリと捉えられずボンヤリとした視界が広がっている。
眼鏡を掛け、焦点を合わせて明瞭に捉えれることができれば、世界はより楽しいものになるだろうか(少なくとも楽にはなるだろう)。

羞恥心や虚栄心があればそれを覚えようとするモチベーションになり得るが、
良くも悪くも僕はそういった点で鈍感かつ楽観的である。
人生オーバーオールで困る事はない、と考えてしまう。
何かのキッカケで興味関心を持つ(大抵の事ではキッカケになり得ない)、あるいは
生活する上で問題になる等のトリガーが無ければ頭に入ってこないのだ。

この特性は限られた記憶容量で如何に効率よく上(学校、会社)へのし上がるかを
工面した末に体得した防衛本能の産物なのかもしれない。
そう考えると「まぁ今のままでもいいか」と思ってしまい、結局進歩が無いのである。

HP作成中

2015.02.11 (Wed)
現在、自分HPを作成しようと思案中です。
コンセプトは「人生を記録に残そう」。

仮に100年生きたとして、その時に覚えている事って本当に微々たるものだと思うんです。
僕は今25歳ですが、これまでに過ごした時間の大部分を既に忘れてしまっています。
自伝ではないですが、こうした人生の軌跡は残しておきたいと思う様になりました。

壮大な言い回しですが、文章に囚われない日記のようなものです。
コンテンツとしては、将棋や写真、株など趣味の記録を残していきたいと思っています。

このブログもコンテンツの一つとして位置づけるつもりなので、
完成した暁には是非見にきてください。

音読と録音ススメ

2015.02.11 (Wed)
最近、脳の働きを健全に保つ・より良くする事に関心を持っています。
中でも築山節さんの書籍が好きで信頼して読んでいるのですが、その中で推奨されている習慣の一つに「音読する事」があります。

実際に試しているのですが、ただ読むだけでは勿体ないなと感じました。
「じゃあどうするの?」
音読した内容を録音するのがよりよい方法です。
その利点は

・通勤時間などに聞き返す事で、内容の理解が深まる
・しゃべり方の特徴を客観的に聞く事ができ、改善できる
・手間が掛からない(iPhoneのボタン一つ押すだけ)

かなり良いアイデアだと思うので、今後も実践していきたいと思います。


脳と気持ちの整理術―意欲・実行・解決力を高める (生活人新書)脳と気持ちの整理術―意欲・実行・解決力を高める (生活人新書)
(2008/04)
築山 節

商品詳細を見る

フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる (生活人新書)フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる (生活人新書)
(2005/11)
築山 節

商品詳細を見る

脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)
(2006/11)
築山 節

商品詳細を見る


読み方のスイッチ

2015.02.08 (Sun)
視覚から情報を得る時のお話。

ネットの普及に伴い、PCやスマホの画面から情報を得る機会が圧倒的に増えました。
最近自分が危機感を抱いているのは、読んでいるようでも内容が頭に残っていないケースが散見される事です。

僕はよく文章をサーっとサーチする感じで、文字面を流し読みするような読み方をします。情報が膨大で、全ての文を理解しながら読んでいては日が暮れてしまう為ある程度は仕方がありません。しかし、自分が欲しい情報を見つけた時が問題です。これまでのサーチと同じ読み方で表面だけをなぞって読んでしまうケースがあります。こうなると、思考は使っていなくて反射的に反応しているだけなので、内容が理解できないですし、当然頭にも残らない。結果、何の話だっけとまた前に戻って何度も読み返すことになり、余計に時間が掛かります。この事から、以下を意識して定着させる必要があると考えています。

内容を理解し、解釈する必要がある段階になったら、それなりの読み方をする事

特に、自分が新しく理解する必要があるものはすんなりと頭に入ってきません。
こういう場合は、文字を追うスピードを緩め、一つ一つの単語の繋がり・意味をきちんと咀嚼しながらインプットする。状況・目的に応じて、読み方を切り替える必要があります。
 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。